よくある質問

審美歯科

審美歯科

審美歯科で保険は適用されますか?

歯科治療では様々な素材や技術が用いられますが、保険が適用できる治療では虫歯などの病気を治すことを目的とした素材を、審美治療では歯の色や形をキレイに整えることを目的とした素材を使用します。そのため、病気を治す目的以外の治療には保険は適用されないことになります。

審美治療の方が保険治療より長持ちしますか?

治療した箇所を長持ちさせるために一番大切なことは、毎日の歯みがきなどご自身でのセルフケアと、歯科医院での定期メンテナンスを受けることです。
ただし、素材の違いから審美治療で使用する素材の方が、汚れが付着しにくいなどのメリットもあります。

セラミックで治療した箇所は変色しますか?

セラミックは陶器でできた素材で、お茶碗やお皿と同じような素材です。表面に汚れが付着することがあっても、クリーニングの研磨によって元の色に戻すことができますので、セラミック自体が変色することはありません。

審美治療は痛いですか?

痛みが伴う治療に関しては、基本的に麻酔処置を行いますので痛みの心配はありません。どうしても心配な場合は担当医に確認してみてください。
近年の麻酔は進歩しているので、ほぼ無痛に近い治療が可能です。当院の場合は、「表面麻酔、電動注射器や極細針の使用、温度をコントロールした麻酔カートリッジの使用」など、可能な限り痛みを軽減するための対策を行っております。

セラミックを被せると、虫歯になりませんか?

残念ながら、被せ物をしていない歯と、セラミックを被せた歯を比べると、セラミックを被せている歯の方が虫歯のリスクは高まります。
どれだけ精密な治療を行っても、歯とセラミックの間には「ミクロン単位の境目」ができてしまうため、虫歯になるリスクは消えません。
とはいえ、近年の予防歯科は進歩しているため、定期的な予防メンテナンスを受けていただければ、虫歯のリスクは大幅に減らすことができます。

奥歯をセラミックにしたら割れませんか?

セラミックの強度は天然歯と同等またはそれ以上の強度があるため、奥歯に使用しても問題ありません。詰め物や被せ物に使用が可能です。近年では、お口を開けた時に目立つ金属の素材に抵抗を持ち、奥歯にも白い詰め物や被せ物を求める方が増加しています。

ホワイトニング

ホワイトニング

どのくらい歯の色は白くなりますか?

ホワイトニングは歯を削らない、麻酔をしない、痛くない、という多くのメリットがある治療法です。患者様の中にはホワイトニングをすると真っ白い色になると思い込んでいる方がいます。ホワイトニングで得られる歯の白さは、もともとの歯の色合いにもよりますし、個人差もあります。しかしホワイトニング後は、回りの方が見ても白くなったと言われるようになると思います。

どんな歯でも白くなりますか?

妊娠中のお母様が飲んだ薬(テトラサイクリン系)の影響で歯が茶色く変色することがあります。このような患者様は歯の色で深刻に悩んでいる方が多いです。これらの変色は、ホワイトニングでは効果がでにくいと言われています。。あなたの歯の色はホワイトニングが本当に適しているのか十分な診査が必要です。ホワイトニングが適応でなくても他の治療法がありますのでご相談下さい。あなたに合った解決方法をご提案します。

ホワイトニングって痛くないの?

ホワイトニングのメリットは歯を削らない、麻酔をしない、痛くない、といううたい文句が一般に使われていますが、知覚過敏が起こる場合があります。しかし一過性ですぐに収まりますので心配要りません。

奥歯をセラミックにしたら割れませんか?

セラミックの強度は天然歯と同等またはそれ以上の強度があるため、奥歯に使用しても問題ありません。詰め物や被せ物に使用が可能です。近年では、お口を開けた時に目立つ金属の素材に抵抗を持ち、奥歯にも白い詰め物や被せ物を求める方が増加しています。

白くなった歯はどのくらい持つのですか?

ホワイトニングはホームでもオフィスでも必ずある一定の後戻りをします。頑張ってホワイトニングを受けたあなたの歯の白さは一生はもちません。その白さをなるべく長時間キープするためにはタッチアップといって3ヶ月や6ヶ月に一度の簡単なホームホワイトニングの追加と定期的な歯のクリーニングをお勧めします。

ホワイトニングは体に安全ですか?副作用はありますか?

ホワイトニングに使用するホワイトニング剤は、過酸化水素、過酸化尿素がベースになっており、体に悪い影響はありませんが、知覚過敏などになりやすくなり歯がしみるケースがあります。

インプラント

インプラント

腫れや痛みはありますか?

1~2本のインプラントを入れる際は、通常は90%の方が痛みや腫れを感じません。ただし、歯茎を切るので縫合した部分に違和感は感じるかと思います。もしも痛みが出ても、鎮痛剤を飲めば抑えられる程度の痛みです。
手術の際は、麻酔をしてから行いますのでご安心ください。万が一、麻酔が途中で切れてしまい、痛みが出た場合には再度麻酔を追加します。
一番心配なのが術後の痛みや腫れかと思います。患者様によって手術の内容が異なるため、痛みや腫れの度合いも異なります。腫れに関しては、ピークは2~3日目です。その後は、徐々に腫れがひいていきます。インプラントの手術で腫れが生じる可能性がある理由は、多少なりとも骨を削ることや、手術を行う範囲が広い場合があるためです。
痛みや腫れに関しては個人差が大きいものです。同じ患者様が左右で同じ手術を受けたとしても、痛みや腫れの感じ方は違ったりします。その日の体調や、患者様の感じ方によるものですので、心配な方は担当医にご相談ください。

どのくらいの治療期間がかかりますか?

最短の場合でトータル4~5ヶ月かかります。インプラントを埋め込むための骨を作る期間は、この期間に加えて3ヶ月程度を要します。(この期間は待っているだけですので、他の歯の治療などを行うことができます。)
インプラントの治療には様々な方法があり、治療期間が短いものもあります。ですが、時間をおくことでリスクを軽減することができ、治療に対して安心が得られるのであれば、私たちは時間をかけて待ちたいと考えております。
すべては患者様のための大切な期間であることをご理解いただければと思います。

保険適応の治療はありますか?

ございません。
現時点では、今後も保険が適用できる可能性はないと思ってよいでしょう。

自分ではどのようなアフターケアを行えば良いですか?

健康な歯と同じように毎日みがく必要があります。インプラントはチタンでできており、被せる人工歯はセラミックや金属でできているため虫歯にはなりません。しかし、骨の中に埋まっているものなので歯周病(インプラント歯周炎)になるリスクはあります。ご自身の他の歯と同じように丁寧にみがく必要があります。

長期間使用し続けることができますか?寿命はどれくらいですか?

インプラント治療後にしっかりと定期メンテナンスを行うことで、10年後の残存率は90%以上になります。
世界で初めてインプラント治療を受けた患者様は、亡くなるまでの40年以上もの間インプラントを使用し続けました。ただし、インプラントを長期間お使いいただくためには、ご自身での歯みがきなどのセルフケアはもちろん、歯科医院で定期メンテナンスを受けることが重要です。

手術の際に麻酔が効かなかったり、麻酔が切れたりしないか心配です。

しっかりと麻酔の効果を確認しておりますのでご安心ください。
インプラント手術では、しっかりと麻酔が効いていることを確認してから治療を開始します。さらに、通常の局所麻酔と静脈内鎮静法を併用することで、リラックスして手術を受けていただけます。手術中は麻酔医が常に鎮静が保たれるように調整を行うため、終了までストレスなく手術を受けていただけます。

治療費は医療控除の対象になりますか?

はい。インプラント治療では、医療費控除が受けられます。
基本的に、1月1日から1年間に支払った医療費が20万円を超える場合は、インプラントの治療費を含めて医療費控除の対象になります。対象となる医療費は、治療を受けた患者様だけでなく、同じ生活費を使っている配偶者や親族の方の医療費も含まれます。
また、当院ではデンタルローンによる分割払いが可能です。デンタルローンを利用される場合でも、医療費控除を受けられます。

24時間WEB予約 オフィシャルサイトはこちら
一番上に戻る
一番上に戻る
WEB予約TEL.049-293-7751

川越ホワイト歯科クリニック オフィシャルサイト川越ホワイト歯科クリニック オフィシャルサイト

住所住所埼玉県川越市脇田本町14-11 まきビル2F
TELTEL049-293-7751
最寄り駅最寄り駅「川越」駅西口徒歩1分
診療時間
10:00~13:00 -
14:30~19:30 -

月曜・金曜は20:00まで診療
※休診日:日・祝祭日

MAPMAP