医院名:川越ホワイト歯科クリニック 住所:〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町14-11 まきビル2F
電話番号:049-293-7751

歯周病治療

24時間WEB予約
一番上に戻る
お電話でのお問い合わせweb予約

歯周病について

歯周病について実は、日本人の成人のうちの約80%は歯周病にかかっていると言われています。驚かれる方も多いのですが、「毎食ちゃんと歯を磨いているし大丈夫」とお思いの方の中にも、かなりの割合で歯周病があることが予想され、これは残念ながらご自分での歯磨きだけでは歯周病を予防することは出来ないという事実とも関係していると考えられます。
皆さん、髪の毛が伸びてきたら美容院でヘアカットを行いますよね。歯もそれと同じで、定期的に歯科検診を行い歯垢・歯石を取り除くという習慣を作ることで効果的に歯周病予防をすることが出来ますよ。

歯周病になる原因

歯と歯肉の間に細菌が住みつき引き起こされる炎症が「歯周病」の始まりです。
歯科医院を対象とした調査では、歯失った原因の第1位は歯周病(42%)、次いでむし歯(32%)という結果が出ており、気づいていないだけで40歳以上の成人では5人に4人以上が歯周病にかかっているとも言われています。
歯周病菌が血管の中に入ると動脈硬化、心疾患や脳卒中の原因になるなど全身の疾患にも大きく関わっています。また、早産・流産・死産など、妊婦さんの体にも大きな影響を与える場合もあります。
このように歯周病を単にお口の中の問題だけだと軽く考えてしまうことなく、ご自身の健康のためにもしっかりと歯周病治療を行っていきましょう。

歯周病の進行と症状

軽度の歯周病

軽度の歯周病軽度の歯周病の場合はPMTCと呼ばれる歯のクリーニングをすることで治療を行っていきます。
PMTCでは専用の器具や薬剤を使って歯面を清掃し、歯の表面にこびりついた歯垢・歯石や着色汚れなどを除去。歯ブラシを使ったブラッシングでは除去することが出来ないバイオフィルムも取り除くことができるため、軽度の歯周病であればPMTCだけでも症状が徐々に改善していきます。

中等度の歯周病

中等度の歯周病歯肉の出血が目立つ、歯周ポケットが深いという症状のある中等度の歯周病ではルートプレーニングで治療を行っていきます。ルートプレーニングとは歯根にこびりついた歯石をスケーラーと呼ばれる器具で削るという治療法で、痛みや出血を伴うため治療前には麻酔を行うことが多いです。

重度の歯周病

重度の歯周病歯周病ポケットが極端に深くなってしまい、ルートプレーニングでも改善出来ないような場合の重度の歯周病では歯周外科治療や歯周再生療法という方法で治療を行っていきます。歯肉を切開し、歯根を剥き出しにして歯石を取り除くというフラップ手術が代表的な治療法です。失われた歯周組織の回復には歯周再生療法が適応されます。どちらの治療法でも処置をする間はしっかりと麻酔を行いますので、強い痛みなどを感じることはありません。

歯周病で骨が溶けてしまったら

エムドゲイン(歯周再生療法)

エムドゲイン(歯周再生療法)露出した歯根面にエムドゲインゲルを塗布するという治療法がエムドゲイン法で、比較的深く狭く骨が失われている場合に用いられるのが特徴です。
エムドゲインゲルの主成分である「エナメルマトリックスデリバティブ」は子供の頃に歯が生えてくる時に大切なタンパク質の一種です。

  1. 歯周病により骨が溶けている状態。歯周ポケットの深さを計測しています。
  2. 歯の表面をキレイにします。
  3. 歯の表面処理を行います。
  4. エムドゲインゲルを塗っていきます。
  5. 新しい骨が再生しているのがわかります。

高い専門性が求められる

歯肉の切開・縫合を行う外科手術である歯周組織再生療法は行えば100%元通りに骨が回復するというわけではなく、また、非常にデリケートな治療のため治療前後には徹底した歯磨きの訓練が必須です。
従来の切除療法も含め、どの治療法が向いているかは症状によって異なるため、歯科医師と相談の上で治療方針を決めていくことが大切です。

定期的な歯のクリーニングが必要です

大切なご自分の歯を少しでも長持ちさせるためには歯肉・骨の歯周組織再生療法、矯正治療、インプラント治療など、高度な歯科治療を組み合わせ、専門的な診査や診断、そして的確な治療を行っていくことがとても重要です。
一旦きれいにしたとしても、3ヶ月するとお口の中は元の悪い環境に戻ってしまいます。そのため、治療が終わってからもお口の中を歯周病原菌の少ない状態に保つためのメインテナンスプログラムをおすすめしております。歯周病治療の知識と技術を兼ね備えたプロフェッショナルである歯科衛生士による定期的なメンテナンスによって、患者様の歯の健康を守っていくお手伝いをさせていただきたいと考えています。