ブログ|川越駅西口徒歩1分で歯科をお探しの方は川越ホワイト歯科クリニックまで

  • 川越駅西口・川越ホワイト歯科クリニック・電話
  • 川越駅西口・川越ホワイト歯科クリニック・メニュー

8020運動ってどんな意味?

2019.02.21(木)

皆さんこんにちは。

川越ホワイト歯科クリニックです。

 

皆さんは「8020運動」という言葉をご存知ですか?

 

かなり前から、マスコミなどでも報じられるようになっていますので、おそらく大半の人は耳にしたことがあるかと思います。

 

人によっては、8020運動を達成するために、一生懸命オーラルケアに努めているかもしれません。

 

今回はそんな8020運動について詳しく解説します。

 

8020運動ってなに?

「8020運動」とは、80歳まで20本の歯を維持するように頑張ろう、といった意味の運動です。

 

高齢になればなるほど、健康な歯というのは失われていくものですから、80歳で20本の歯が残っているのは、非常に難しいように思えます。

 

けれども、実際に8020運動を達成している人はたくさんいらっしゃいますし、若い頃からオーラルケアを徹底していれば、不可能なことではないといえます。

 

どんなメリットがあるの?

歯というのは、虫歯や歯周病が悪化することで失われていくことが多いですが、その際、ブリッジや入れ歯、あるいはインプラントといった補綴治療で欠損部を補いますよね。

 

最近の歯科治療は、審美的も機能的にも非常に優れていますので、歯を失ったのなら補綴すれば良いのでは?と感じる方も多いかと思います。

 

つまり、苦労して一生涯、天然の歯を残し続けるメリットはそれほどないように思えます。

 

ただ、実際のところはそうではありません。

 

やはり、ブリッジにしてもインプラントにしても、天然の歯と比べると噛み心地や見た目の美しさなどが大きく異なるのです。

 

さらに、天然の歯を失うことで歯列の中に欠損が生じるだけでなく、歯を支えている顎の骨が痩せるなどのデメリットも生じてきます。

 

そういう意味で、80歳になっても自分の歯で噛める状況を作っておくことは、非常にメリットの大きなことであるといえるのです。

 

まとめ

このように、8020運動は達成することにとても大きな意義があります。

 

ただ、毎日自己流にオーラルケアをしているだけでは、なかなか達成することが難しい目標であるため、まずはお気軽に当院までご相談ください。

 

専門家によるブラッシング指導に始まり、80歳になっても20本の歯を残せるようなオーラルケアの方法を丁寧にお伝えいたします。

 

川越ホワイト歯科クリニック

名称 川越ホワイト歯科クリニック
院長 白河 俊栄
住所 〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町14-11 まきビル2F
電話番号 049-293-7751
URL https://www.kawagoe-white-dc.com
診療内容 むし歯治療・歯周病治療・入れ歯(義歯)作製・マウスピース矯正・歯科口腔外科・インプラント・セラミック治療・ホワイトニング・予防クリーニング・マウスピース作製・小児歯科など
概要 川越駅西口でむし歯・歯周病・入れ歯・義歯・歯科口腔外科・マウスピース矯正・予防・クリーニング・インプラント・セラミック治療・ホワイトニング・マウスピース作製・小児歯科の歯医者なら川越ホワイト歯科クリニック。川越駅西口徒歩1分、土曜も診療。